梅のつみとり

 

今シーズンの摘み取りは終了しました。
ご来園ありがとうございました。

2020年度も【5月中旬頃】開園予定です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

古来、日本では「花」といえば「梅の花」でした

新しい時代「令和」。
その出典は、奈良時代の万葉集の梅の花の歌の序文。

 初春の令月にして、気淑く風和ぎ、
 梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す

まだ寒い早春に、凛と咲く梅の花の美しさ、香りは格別です。

今年も早春に梅の花が咲き、そして、梅雨を前に梅の実の季節となりました。

 

オーガニック栽培

梅の果樹園の下は一面の草。
これを定期的に刈り込み地面へ返すことで、
草が固定した空地中の窒素その他の肥料分を果樹園に供給します。

化学肥料を使わず、農薬による消毒も行っていないため、
安心してつみとりしていただけます。

なお、消毒を行っていないため、梅の実には、虫による傷がありますが、
品質には問題ありませんのでご安心ください。

 

つみとり期間

令和元年 5月27日(月)より開始
(6月中旬頃まで。なくなり次第終了。)

⇒今年度のつみとりは大好評につき終了しました
ありがとうございました

開催期間中 無休 9:00~16:00

※ 早い時期の「青梅」は、梅ジュースや梅酒に最適です。
※ 遅い時期の「完熟梅」は、梅干しや梅ジャムに適します。

予約

ご予約は不要です。
直接、農園までお越しください。

アクセス

奈良山園 ⇒アクセス

価格

500円/kg

※ 入園料は無料です。摘み取った分の量り売りとなります。
お持ち帰り用の袋をお持ちください。
※ 農園で摘み取ったものを店舗でも販売しています(800円/kg)

その他

・園内は蚊がいます。
長袖や虫よけスプレーなどご用意の上お越しください。
・お子様連れ歓迎です。
果樹園内でレジャーシートを持ってきていただければ、
天気のいい日はお弁当を広げてピクニックできます。
・保育園など団体でご利用いただいております。
団体様でお越しの際は、事前にご連絡頂けますと幸いです。